<< ビジュアル系 クラシック。 | main | 父の日★父の思い出。 >>

しゅ〜の手厚い看護。

しゅ〜 4才。
しゅ〜

元旦の夜は、家族と私の友人らで、実家で大宴会が開かれました。

宴会などなくても、毎日誰かが二日酔いで、朝ダウンしており、
元旦の朝は、大晦日に飲みすぎた姉が 起き上がれずにおりました。(笑)


私はといえば、前前日くらいからほっとんど寝ていない状態。

旅疲れもある中、夜通し遊び疲れもあり、ハイテンションで飲み潰れ、
母がやれやれとその場に敷いてくれた布団で、翌朝まで熟睡‥‥。


8時になると家族は起き、リビングも活動を始めた。

エミ 「う〜‥‥」

ふっ、二日酔いだ‥‥!!
頭痛いし、喉カラカラやけど、起きられへん‥。
布団でモゾモゾしていると、しゅ〜がトコトコと 駆けよってきた。

「えみぃ〜?」
「ん〜」
「だいじょぉぶ?」
「み、水‥」
「おば〜ちゃ〜ん、オミジュやって〜!」

カウンターキッチンまでトコトコと走り、母にコップ一杯の水をもらい、またトコトコと 戻ってくる。
重い身体を少し起こし、一気にその水を飲み干し、しゅ〜にコップを渡す。

「ぉ、おかわり‥」
「おば〜ちゃ〜ん、おかわりやって〜!」

またキッチンまでトコトコと走り、母に水をもらい、またトコトコと戻ってくる。
また重い身体を起こし、少しゆっくり水を飲み干し、しゅ〜にコップを渡す。

「う〜‥‥」
「えみぃ〜もういい?」
「こ、氷ちょうだい‥」
「おば〜ちゃ〜ん、こおりやって〜!」

またキッチンまでトコトコと走り、母に冷凍庫から氷を一個もらい、トコトコと 戻ってくる。
ちっちゃな手から氷を受け取り、カポッとくわえて舐めた。

「えみぃ〜もういい?」
「あと2個‥‥」
「おば〜ちゃ〜ん、こんどは2コやって〜!」

またキッチンまでトコトコと走り、母に冷凍庫から氷を2つもらい、トコトコと 戻ってくる。

「おば〜ちゃん、こおりばっか食べてたら、なくなっちゃうね〜」
母 「ほんとね〜、なくなっちゃうね〜、あっはははw」

氷は山ほどあるでしょぉ〜‥とツッコミを入れる元気もない‥。
するとまた、しゅ〜がトコトコと 私のところへ戻ってくる。

「えみぃ〜、もういい?」
「ん、もういい。ありがと〜楽になった‥」


また目を閉じ、モゾモゾと丸くなる私の枕元で、しゅ〜がずっと見守っている。
母はしゅ〜の手厚い看護ぶりを見て、微笑ましく笑っているが、私に対しては呆れ顔。

母 「昨日はるる姉、今日はえみぃか‥やれやれ、毎朝誰かが二日酔いやね」


私は結局、2時過ぎまで起き上がれなかった(´*ω*`)
でも3時に迎えに来た親友のアヤカと共に、また遊びに出るのである。。

しゅ〜、ありがとう。。。


二日酔い…




コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック