<< 慣れてきた写譜ペン♪ | main | 岩田浩史 関西三都物語ツアー/2日目 大阪D >>

『チャレンジド(障害者)のパン』

朝から、銀行などの用事で、近所をバイセコーで徘徊しておりましたところ
通りでは、野外で手作りのおべんとうなどを売ってるオバサン達が多かった。
その中に、『障害者の手作りパン』というテーブルが目に入った。


昨年からサポートさせていただいてる 「竹中ナミ」さんは、「社会福祉法人プロップ・ステーションhttp://www.prop.or.jp/)」の代表様です。
娘さんが、重度の障害を持って生まれられたことがきっかけになり、障害を持った人々を、「納税者」にしよう!という活動を続けておられます。

『チャレンジド』というのは、障害を持つ人を表す新しい英語で、「挑戦する使命やチャンスを与えられた人」という意味を持つそうです。
ナミねぇの活動に参加していると、必然的に チャレンジドの方々を知る機会が増えました。「障害があるからとマイナスにならず、技術を身につけ、仕事をしよう!」という皆さんの姿が素晴らしく、私も心から応援しています。


パン売りには、『チャレンジド』の方自ら出向いて来ておられました。
車椅子に乗って、思うようにも動けなさそうでしたが、私がパンを3つ買うと、
「ありがとうございまーす」
と、元気いっぱい叫んでくれました(*^∀^*)

さて、買って帰った、3つのパン…。

チャレンジドのパン

アップルパイ(右)、レモンパイ(左)、星型のメロンパン(食済)。 計 550円。

どれも見かけは可愛く、ふっくらとした手触りで、美味しそう
しかし、美味しいなんてものじゃありませんでした。

こんなメロンパンは、食べたことがない!!
そこらのパン屋さんよりも、記事がふっくら、もっちり。
表面にも言葉にできない美味しさがあり、中身には程よいメロンクリームが、トロリ。
アップルパイも、りんごの食感がしっかり残っており、レモンパイも夏にピッタリでこれがまた旨い 絶対に、また買いに行こうと思います!!


最近、通販ニッセンのサイトで発見したのが、「ほっとはぁと」。
チャレンジドの方々が作った 手作り花瓶や、湯のみなどの食器を、ニッセンのサイトで販売しておられます。
花瓶に味があって、欲しいと思ったのに、在庫切れ…(残念)

最近チャレンジドの方々の活動に、よく遭遇する。
最近増えてきたのか、今まで私が気づかなかっただけなのか…。
ナミねぇに報告したのは、言うまでもありません。



そう、昨日はナミねぇの弟さんの「ミスターゆう」さんの応援に、神戸まで行きました。

ゆうさんライブ1

ベースのくりふ、ドラムのプーヤンも応援に。
1ステージはゆうさんの弾き語り、クラシックギターの披露、マスター「コバちゃん」との共演などがあり、本当に良いステージでした。
ゆうさん、上手いです!!クラシックギターの美しさに、改めて感動しました…。

ゆうさんライブ2

2ステージ目からは、私たちバンドメンバーも入り、盛り上がり♪
(きっとゆうさんが恥ずかしがるかな?と思い、手元中心の写真にしました)


この日発表されたのが、なんと…
我らが せきこ〜ぢ氏作詞/作曲の、ナミねぇのアルバム 『ありがとう〜私からあなたへ〜』 が、カラオケ JoySoundで配信されることになりました!!(ノ´▽`)ノ

ナミねぇCD

*** Musicians ***
ナミねぇ(vo) せきこ〜ぢ(gt, cho) Emy(pf, cho) クリフ(ba)
プーヤン(ds) MAKOTO Itoh(key)


CD発売後は、ラジオで宣伝されたり、「点字カラオケ」での配信が決まったのは知っていましたが、正式に JoySoundに入るそうです。


本当に、ナミねぇの人生そのもの、のような曲。
前向きでファイトがあって、本当に良い曲です。

収益は社会福祉法人の活動に使われます。
皆さんも見かけたら、是非応援してくださいませ!!



コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック